07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STY2014

静岡を脱出する事なく第2関門でアウト。
心身共にレースに臨む準備が出来てませんでした。
リベンジはしません、こんな結果しか出せないので引退します。
スポンサーサイト

theme : トレイルラン
genre : スポーツ

第10回六甲キャノンボール完走しました(^o^)

2014_03_30.jpg 
ガーミン計測:9;50’08”(距離:


六甲CBは山を走るトレランの大会と聞いてエントリーしましたが
実は川を走る大会でした(笑)
詳細を知りたい方はゆるりんブログもしくはMJブログでアップされる記事を見て下さい。

結果は練習不足&プチ故障で後半は死にそうになってましたが楽しかった(^o^)
良かった点
①下手なマラソン大会よりエイドが充実してます。
バナナやはちみつレモン等の定番のものもありますが、協賛してくれている各お店がオリジナルの
食べ物が有って美味しかった。
今回私の気にいったエイド ベスト3
1.鶏がらスープのおかゆ(水堂筋にある何とかって中華料理屋さん提供)
2.かぼちゃスープ
3.皿うどん

番外編:山の中にビールサーバーを背負ったお兄さんの提供してくれた生ビール
もちろん飲んだ事は言うまでもありません(笑)

②各エイドの女性陣がみんな美人だった(笑)
③エイドの人も走ってる人もみんな仲間意識が有って助け合いながらレースを楽しめる。

ぜひみなさん来年参加して見て下さい。

今日の結果ではSTYに対して不安だらけですので来週は京都トレイル縦走66Km走ってきます。
興味のある方はひと声かけて下さい。
但し、今回は条件がひとつあります、あくまでSTYに向けてのガチ練習なので、ペース、休憩のタイミング
などは私に合わせて頂きます。
なので私より速く走れる人はドンドン先に行って頂いていいですが、私より遅い人を途中で待つ事はありませんので
あしからず。


月間走行距離:146.045Km  年間走行距離:400.89Km


ブログランキング参加してますのでよければ応援クリックお願いします。
       ↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ   


theme : トレイルラン
genre : スポーツ

今年最後の六甲最高峰!!

去年に引き続き、走り納めで六甲最高峰行ってきました。

去年と違うのは、新しいシューズ「HOKA ONEONE スティンソンEVO」を試してみるのと体重増で走れない体になっている事です(笑)

午前中は簡単に部屋を掃除したり、雑用をして午後からスタート。

STY対策も兼ねているのでウェアーは

半袖ジップTシャツ+アームカバー+アウター
ハーフパンツ+ロングタイツ

と言うスタイルで臨みました。

最初はこの服装では少し寒いかなと思っていましたが、比較的天気も良く陽が当たるところは汗をかいて暑いぐらいでした。

まずはアップ代わりにローソンまで約1.5Kmを6分30秒ペースぐらいでジョグ。

ローソンから本格的スタート!!

したのは良いんですが、久々のトレイル&久々の六甲&+6Kgのデブという条件が重なって、塩尾寺までの間に3回ぐらい歩いてしまい、約25分掛かってようやく到着。

トレイルロードに入ってからはいつもどおり、登りは歩きも混ぜながら無理の無いペースで走って最高峰まで2時間09分05秒とまずまずのペースで到着。

しかもここまで水の消費は250ml、その他補給なしの省エネランでした。

最高峰で出くわした好青年に写真を取ってもらい帰途につきました。


2013_12_31.jpg 

今日の六甲は最高峰付近で陽が届いていない所は少し雪が残ってました。


2013_12_31 (2) 

ここらで「HOKA」の情報も少し入れときますね。

カタログ上、シューズの重さが27vmで約300gぐらいとバハダよりは少し重いです、それは若干感じますが、シングルトラックが320gぐらいである事を思えばギリギリ許容範囲でしょうか?

他のシューズとの大きな違いは底が厚い事とつま先&踵が少し反り返っている事です。

みなさんが一番気になるのは底が厚い事によるバランスの悪さと足を捻らないかと言う事かと思います。

当然、木や石の上など不安定な着地場所では捻りますが、バハダと比べてその捻り幅が大きいという事は感じませんでしたし、普通に走っている時には底の暑さも気にならなかったので個人的にはどちらも問題無かったです。

つま先が反っている分、平地でも自然とフォアフット気味の走りになり、脚の回転数が上がったような気がします。(たぶん・・・)

登りもかかとを付けず登っていく時には良い感じで脚は動きましたし、慣れれば比較的誰にでも使えるシューズだと思います。

そしてその特徴的な靴の形状が最も活きるのは下り区間、自然と前傾姿勢でフォアフットになるのでスムーズに走る事が出来ます。

最高峰までは比較的抑え目で下りを走ってたので帰りは全開で行くぞ!!

と思って走り始めたのですが、スタートして数Kmも進まない内にあっさりスタミナ切れ(笑)

帰りは1時間30分ぐらいで降りれるかなと思ってたのですが1時間58分10秒もかかってしまいました。

ラスト4Kmぐらいはスタミナ切れ+エネルギー切れでヘロヘロでした。

しかもこんな時に限って財布を持ってないので買い食いもできず、ローソンから家まで腹ペコ過ぎて走る事すらできない状態で今年最後のランを締めました(笑)

今年は個人的には色々あってランニングに関しては満足のいく1年ではありませんでしたが、それも今となればいい思い出です。

来年も色々な事があるでしょうが、大晦日には楽しく1年を振り返れるよう頑張りたいと思います。


みなさんも良い年をお過ごしください♪



走行距離:23.04Km  

月間走行距離;142.805Km  年間走行距離:2385.47Km


ブログランキング参加してますのでよければ応援クリックお願いします。
       ↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ   


theme : トレイルラン
genre : スポーツ

第20回東山三十六峰MM&第2回東山鬼ごっこの結果


早いものでもう12月ですね。
私の失業ライフも5ヶ月目に突入、いまだトンネルの中です。
少し出口は見えましたが、決してBestでもBetterでも無い出口に向かいつつあります。

そんな訳で練習不足ではありますが、第2回東山おにごっこを開催しました(笑)

今年逃げる人は昨年に引き続き「私(9時50分スタート)」

鬼のみなさん

ストリーマーさん(9時55分スタート)
鹿男さん(9時55分スタート)

ゆるりんさん(10時スタート)
くみ姐さん(10時スタート)
レイラさん(10時スタート)
あずきさん(10時スタート)

9時55分スタートのお二人はサブ3レベルで本来ならばSクラスで9時45分スタートの実力者なので、1Kmで1分近く縮まるとして6Km逃げれば勝ち!!10時スタートの4人に関しては最後まで逃げ切れば勝ち!!というルールを私が勝手に決めました(笑)

朝7時に逆瀬川駅でゆるりんさんと待ち合わせをして、現地に8時45分頃に到着。

2013_12_08 (5) 

少し曇り空ではありましたが、それほど寒くも無く良いコンディション!!

2013_12_08 (6) 

東山特有の「ゼッケン持っていって方式」でずら~~りと吊るされています。

これを見ると今日は東山三十六峰の日だなぁ~と思える瞬間ですね。

そして私のゼッケンはなぜかみんなに逆らって後ろ向き(笑)

そんなこんなであっという間に9時50分になりスタート。

まずは宝ヶ池を1周半ぐらいして市街地へと出ていくんですが、序盤の渋滞を避けるために、登山道に入るまでの5Kmぐらいはそこそこペースを上げて走ります。

ちなみに去年は26分33秒、今年は26分23秒。

ほぼ同じような入り方をしましたが最初の3Kmは今年の方が速かったですね、最速で4分38秒までペースを上げてました。

さすがにこれは速すぎたのか、徐々にわき腹とふくらはぎが痛くなってきたのでペースダウンをして登山道到着。

登山道に入ってからは歩き始める人も多く渋滞ができるので歩いたり走ったりの繰り返しです。

今年は信越五岳に向けて山修行をかなり積みましたので、遅いなりに頑張って登っていたのにに6.3Km地点で鹿男さんに追いつかれてしまいました(+o+)

ただ渋滞の為、鹿男さんも飛ばせないので数百メートルは後ろをついて走ってたら、6.7Km地点でストリーマーさんにも追いつかれてしまいました。

その後「石鳥居」の登りまでは姿が見えていたのですが、登りきった所で完全に姿が見えなくなりました。

でも6Kmは逃げ切ったので私の勝ち(^_^)v

去年はここからの下りはほぼトップギアで駆け降りてタイムを稼ごうとしたおかげで18Km以降は脚のスタミナ切れで走れなくなってしまったので、今年は下り区間でも無理せず歩幅を狭くしてスタミナ温存しすれ違うハイカーさんにあいさつをしながら楽しく走りました。

パブテスト病院までの下り区間は前を走るランナーさん達が遅く、プチ渋滞。

去年は7Km~12Kmまでの5Kmが29分22秒、今年は30分57秒。

第1エイドの京都朝鮮学校に到着。

ここまで1時間21分24秒(去年は1時間16分42秒)

水・ポカリを1杯ずつ、バナナとパンを2つずつ補給して再スタート。

ここから大文字山を登るのですが、今年はハイカーさんの団体が多かったですね。

山頂までの約2Kmはほぼ歩きですが、気持ち頑張ってペースアップ。

三角点付近は景色も良くハイカーさんの休憩ポイントなので家族連れの子供の声援等を受けつつ、少しずつ走り始めて中間点(15Km)に到着。

1時間51分25秒(去年は1時間49分00秒)

第2エイドの日向大神宮(18Km)までは楽しい下りのトレイルコースですが、ここでもまだ脚のスタミナを温存してピッチ走法で無理の無い範囲で楽しみながらおりてエイドに到着。

2時間11分49秒(去年は2時間09分56秒)

ここでは水・ポカリを2杯、バナナ・パンを2つ・アミノバイタル1つ補給。

去年はここでもうグロッキー状態で東山山頂公園までのロードの登り区間はほとんど走れませんでしたが、今年はまだまだ脚のスタミナが残ってましたので8分46秒・7分35秒・8分05秒と決して速くはないですが歩く事無く東山山頂公園に到着。

私設エイドがありましたが、ここはスルーして再びトレイル区間に突入。

さすがに20Kmを過ぎると脚にもダメージは少しずつ出始めてきて、走れないような痛みではないですがハムストリングが張ってきて無理するとヤバイかなと思うような状態だったのとスタミナ的にも厳しくなってきてペースをあげると息が切れそうだったので無理せず、息が切れない範囲で登りも下りも走り最後のエイド泉涌寺(25Km)に到着。

3時間05分15秒(去年は3時間09分15秒)

ここでようやく、去年の自分のタイムを上回りました。(^_^)v

残りスタミナ的にも去年の比では無いぐらい、余裕があったので気分よくエイドで補給・・・・・・・・

と思ったらアミノバイタルと水を1杯飲んだぐらいのところでゆるりんさんに声をかけられました(+o+)

去年もここでくみ姐さんに追いつかれたのですが、まさか今年もここで追いつかれるとは思ってませんでした。

最後の悪あがきでもう一度ゆるりんさんから逃げようと思って、エイドでの補給もそこそこにリスタート。

ただゆるりんさん全然元気で足取りも軽くすぐに追いつかれて、最後の稲荷山に入る前に姿が見えなくなってしまいました。

追いかける元気はもちろん無いのでここからは無理せず、また自分のペースで残り4Km弱を歩きも混ぜながら走ってゴールを目指すのですが、エイドでしっかり補給を取らなかったのが原因かもしれませんが残り3Kmぐらいからお腹が減ってきました(笑)

この日は両手にソフトフラスクを持ってるだけでジェル類を持っていないので、ポケットに入れていたアメで気持ちだけ補給、去年からコースが変わったというポイントは分からぬまま見覚えのあるコースにでてラストスパート!!


2013_12_08 (2) 

ガーミンデーターで距離が去年より1Km短くなってはいましたが、15分ほど記録を縮めて新記録!!

ゴール後はゆるりんさん、Aibarさんと合流してレースを振り返りながら少し話をした後は体が冷える前にお風呂に入りたかったので、京都駅に移動してお風呂⇒打ち上げのいつものコースを楽しんで帰ってきました。

11月後半ぐらいから思ったように走る時間が作れなくてどうかなとは思ってましたが、平均ペースでも30秒近く速くなってましたしこの結果には大満足です。

去年以上に今年はハイカーさんが多く、道を譲って頂いたり声援を頂いきありがとうございました。

そしてコース案内をして頂いた大会関係者の方々もありがとうございました。




ブログランキング参加してますのでよければ応援クリックお願いします。
       ↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ   


theme : トレイルラン
genre : スポーツ

信越五岳110Km(4A~ゴール?)

みなさんご存知のように、自由人となってから約2ヶ月。

社会復帰への道は遅々として進んでおりません(>_<)

求人情報じたいはかなりの数がありますが、当然ながらほとんどは経験者を求むと言うもので、私のように新しい職種へのチャレンジとなるとかなり狭い門になります。

何か特別な技術や資格がある訳ではないので、その狭い選択肢の中から選んでいくとなると自分の希望条件の中から色々な物を割り切って捨てていかないといけないのですが、その決断が出来ずダラダラと伸びてしまってる状態です。
 
ただ、一番の問題は情けない事に2ヶ月も経つのに自分自身が何をしたいのかはっきりしない点ですね。

ここ数日はそんな事ばかりを考えて悩んでいたら、自分のダメさが嫌になってドンドン気持ちは下降線。

もちろん走りに出る気にならずランはおサボり状態ですが、明日は久々に快晴の空のもとくすのき駅伝走って、打ち上げ楽しんで気分転換が出来ればと思ってます。

私の近況はこの辺にして、書きかけの信越五岳レポへ戻ります。

4Aで少し休憩を取った後に5Aを目指して再スタート・・・・
 
のはずがコースが分からない(>_<)

エイドの先には駐車場がありここを抜けるのか?と思いつつキョロキョロしてると、エイドの手前で今来た道を90度ターンするような形で走っていく人がいるので見に行くと、どうもそこがコースだったらしいです。

チェックポイントを通過してからはしばらくは草原を登る感じで「あ~ここ、伊吹山の1合目からのコースに似てるな~」と思いつつ走って登ってました。

その後はコースの記憶がほとんどありません。

2週間以上経って記憶があいまいなのもあるんですが、正直常に時間との闘いで周りの景色を見る余裕がまったくありませんでした。

なのでゆるりんさんのブログ写真を見ても蕎麦畑やコスモス畑の記憶が「そう言えば有ったような?無かったような?」と言う程度しか思い出せません。

5A手前の牧場区間はさすがに覚えていますがこの辺りはメチャクチャ焦ってました。

と言うのも4Aまでに約1時間作ったアドバンテージが発電所のつづら折りの区間でみるみる減っており、この辺りでは30分ぐらいしかアドバンテージが無かったんです、次の5Aはドロップバックを預けておりここで最低でもヘッドライト&ハンドライトの準備、ジェルの補充、食糧補給、上着&靴下の履き替え等をやらないといけないので少しでも時間を残したく走るのですがかなり疲労もあり、走っては歩いての繰り返しでギリギリの闘いでした。


2013_09_15 (11) 

5A(66.6Km)=12時間04分12秒

第二関門、約25分前に到着。

多くのランナーさんはペーサーさんと合流し、体力回復に努めてる間にペーサーが荷物の補充をしたり食べ物や飲み物を取ってきたりしてるんですが、私は誰も助けてくれる仲間が・・・・いない(T_T)

もちろん話をする相手もいないので孤独感を感じつつ、上着を着替え、ヘッドライト&ハンドライトの準備、ジェルの補充、すでにドロドロの靴下も履き替えてスッキリしたかったのですが時間に余裕が無く急いでエイドで食糧補給をしてリスタート。

ほとんど休みを取る暇なく、チェックポイントを関門閉鎖10分前の17時50分にでました。

チェックポイントを通過後は少し階段を登り比較的走れるトレイルになりますが、すでに周りは暗くヘッドライト点灯。

とりあえず、走りながら残りのレースプランを再計画し直し、どこで勘違いをしたのかゴール時間を30分短い午前3時と思っており5Aで失ったアドバンテージをゴールから逆算して第三関門の8A(92.3Km)までに最低でも1時間のアドバンテージを作らねばと焦ってました 

と言うか最後の区間(17.7Km)、このコース最高到達点となる瑪瑙(メノウ)山1748mまで700m近い登りがあったので4時間でも足りないんじゃないのか?とも思っておりとにかく少しでも早く8Aに到着する事だけを考えて走れる区間は少し無理してペースアップ。

ただここからは予想もしない敵も出現でした。

どのあたりかは忘れましたが山の中の道はドロドロで足元が悪いとかそんなレベルじゃなく沼地を走ってる感覚でした、しかも暗くて足元が見えないのでどこを通っていいのか分からず走りたいのに走れないので諦めてハンドライトで足元照らしながらゆっくり進むしかない状況の区間でタイムロス。

それでも走れる所はペーサー付のランナーさんをドンドンを交わしていい感じで6A(81Km)に到着したはず・・・。

5A以降はタイムすら写真に取る余裕が無く、はっきりした記録が分かりません。

6A到着後は2つ目の勘違い、次の7A(87Km)までは6Kmなのでほとんど水分補給せず走れたのですがなぜか地図上で7Aを見落として次のエイドは8A(92.3Km)まで11.3Kmと思って水を1リットルも持って走ってしまった(笑)

走りながらずっと「おかしいなぁ~、確か後半に短い区間があったはずやのに」と思いつつルート案内のスタッフさんから後、「〇Kmほどでエイドですよ」と言われるまで気づきませんでした。

この夜の区間、1人で走っていたので気持ちが切れそうになるんですが山等の分岐点でルート案内をしてくれるスタッフさんが本当にテンションの上がるような声をかけてくれたのでなんとか気持ちが切れる事無く走れました。

それでも7A到着前に1回だけトラブル発生。

6Aまでペースを上げて走った影響か心肺が苦しくなって呼吸の乱れが戻らなくなり走れなくなってペースダウン。

それまでに抜いたランナーさんにも抜かれて下りの林道で歩いてしまいました。

このまま、走れなければゴール出来ないという焦りも少しでましたが、この時は意地でもゴールすると言う強い気持ちがあったのでとにかく呼吸の乱れを治すという思いでゆっくり走りながら深呼吸をしてみたり禅の呼吸法を取り入れてみたり20分ぐらい色々して何とか走れるぐらいまで戻りました。

7A到着後はソフトフラスクに水は十分なので、一杯だけ水を飲んだらすぐに出発しようと思ったらエイドスタッフさんから思いもしない発表が・・・(@_@)

「レースは8Aで終了になりました」

????????????

私の頭の中ではすぐに理解はできず、「えっ、なんで?なんで?」の繰り返し。

もう少し話を聞くとどうも天候の影響らしいとの事でしたが、5A以降雨は降っておらず頭の中は真っ白のまま7Aを出発。

急に「110Km完走」と言う目標を失って、気合が入らず少しダラダラ走ってましたが途中からはここまで来たんだから今出せるベストは尽くそうと思い、みんんが歩いてる中を少しペースを上げて8Aを目指しました。

8Aに到着すると石川さんが待っていて再び8Aで終了になった説明を聞きチェックポイントを通過してゴール。

8A(92.3Km)=17時間22分47秒
 
8A地点からは瑪瑙(メノウ)山が見えていくつからのランプの光が・・・・・。

羨ましいなぁ~とは思いつつ自分では何も出来ないので納得はいきませんがレースは終了。

これが私の信越五岳110Kmトレイルランニングレースの結果です。

今の段階では来年の自分が走れる環境に有るのかどうか分かりませんが、可能であれば今年出来なかった110Km完走に向けてチャレンジしようと思ってます。


 
月間走行距離:244.45Km  年間走行距離:1947.025Km



ブログランキング参加してますのでよければ応援クリックお願いします。
       ↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ   


theme : トレイルラン
genre : スポーツ

プロフィール

ネガティブモンスター

Author:ネガティブモンスター


☆Private Best

◇ロード部門


○10Km 1:24′27″
(2014/06/22 富里スイカロードレース)
〇Halh 1:44′42″
 (2012/12/24 宝塚ハーフマラソン)
〇24Km 2:17′26″
 (2011/06/12 みかた残酷マラソン)
〇Full 6:24′03″
 (2016/11/20 神戸マラソン)
〇72Km 10:40′42”
 (2011/04/30 チャレンジ富士五湖)
〇100Km 364D13:42′04″
 (2013/06/09 飛騨高山ウルトラM)


◇トレイル部門


〇10Km 1:54′33″
 (2012/08/26 かっとび伊吹)
〇30Km 3:32′09″
 (2013/12/08 東山三十六峰MM)
〇36Km 6:16′27″
 (2013/04/14 ダイトレ)
〇42Km 9:50′08″
 (2014/03/30 六甲CB)
〇66Km 12:48′45″
 (2011/09/18 京都半周トレイル)
〇92.3Km 17:22′47″(特別完走)
(2013/09/15 信越五岳110Km)


◇ドナルド君部門


◯ 5Km  23′25″
 (2012/05/20 六甲アイランド駅伝)
〇10Km  47′13″
 (2011/12/18 駅伝カーニバル)
〇Half 1:46′12″
 (2011/12/23 宝塚ハーフマラソン)


◇Target

〇Half 1:49′30″
〇Full 4:14′50″


◇今後の予定

☆印はエントリー済

2016年
11/20 神戸マラソン☆

RUN友募集!!

これからランニングを始めてみようと思ってる方からベテランランナーまで幅広く意見交換ができればと思ってます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

「ブロとも」大募集中です。

この人とブロともになる

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブログランキング参加中

Jog Note

カテゴリ

STY (1)

最新記事

最新コメント

トリップアドバイザー/串本町

☆トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました☆

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。